当社では、システム相談からアプリケーション開発等の
顧客ニーズ型ソフト開発サービスを幅広く提供しております。

社長メッセージ

2000年度(平成12年度) 新入社員歓迎の挨拶より抜粋


まずは、会社の組織を通じて、大人としての責任と義務を果たせる人になってほしい。個人でやるのと、組織をつくってやるのとでは、責任の重大さが違っている。仕事を通して、より大きな責任を果たせる人間になってもらいたい。

次に、技術を磨き、技術を通して、社会の役に立つ人間になってほしい。技術は、良いほうにも悪いほうにも使うことができるが、技術を社会の役に立てることによって、自分も会社も、そして社会も良くなっていくのである。

更に、大きな視野を持って、人を幸せにする人間になってほしい。自分だけでなく、周りの人も一緒に成長させていく、そういうことのできる人になってもらいたい。

また、物事を行うにあたって、普通は、まず予測をたてる。失敗する人の第一は、予測をたてていない人であろう。予測もたてず、行き当たりばったりでは失敗するのだ。第二は、予測のたて方が甘い人である。このような人は日頃からいろいろなことに甘く、また自分にも甘い。常に甘い予測をたてて失敗するのである。私たちは常に厳しい予測をたてて、それを実行するようにしなければならない。それができる人は、上に立つことのできる人間であろう。甘い考えの人は上に立つことはできない。そういう人を上司に持った部下がかわいそうだ。なぜなら、実行するのは部下であるからである。そうならないためにも、厳しい予測の立てられる人間になっていただきたいのだ。そして、マネージャーと呼ばれる人は、まず自分自身を厳しく律して、あとから入社した人以上に伸びていってもらいたい。そうしなければ、当社の発展は難しいであろう。

仕事の上での一番の不幸は、対人関係がうまくいかないことである。訳の解らない上司についた者が、一番不幸なのだ。そういう上司は少なからずとも必ずいるから、それに出くわしたときは、さっさとその仕事を止めるべきだと思う。マネージャーには、部下をそんな状況から守る防波堤になってもらいたい。例えば、新入社員に対して、いじめや嫌みが言われるようなことが続くようでは、マネージャーの資格はない。もしこの様な場合に陥り、それをマネージャーが気づかぬようであれば、直接私に言ってもらいたい。

会社というものは、人と人とのつながりの中でやっていくわけであるから、できる限り風通しの良い会社にしたいと考えている。入社してきた者が「良い会社に入社したな」と思えるような会社になるよう、今年の新入社員も含めて、みんなで努力していきたいものである。

創業者の言葉

目標高く、一流の技術者を目指せ


日々の仕事が大過なく出来ているからと言って、そこに安住して欲しくない。常に、より高い技術を身に付けるよう、研鑚してほしい。当社は、高い技術力を売り物にする会社を目指している。

長所に磨きをかけよ


短所や欠点を直すことも良いことに違いないが、それよりもむしろ自分の長所を伸ばすことに心がけてほしい。自分の長所に磨きをかけて、存分に活躍されることを期待している。

社会人としても立派な知識を身に付けよ


技術者としての高度な知識を身に付けるだけでなく、社会人としても立派な知識を身に付けなければならない。知識は一朝一夕に身に付くものではない。日々の生活の中での普段の勉強が、5年、10年と積み重なって、高い知識へと結実していくのである。毎日、時間を見つけて本や新聞を読み、勉強を積み重ねていってもらいたい。

社員のために会社はある


当社は、「会社のために社員がいるのではなく、社員のために会社はある」と考えている。会社が社員のためにできることはあまり多くないかも知れないが、それでも一人一人の社員のためにできる限りのことをしたいと考えている。もちろん、会社に対する要望などがあれば遠慮なく言って欲しいのである。

Copyright c 1995-2014 System West Co,. Ltd. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com